coffee &
paperbacks

a little time for reading and chatting with a cup of coffee

Archives

NUMBER
10
TITLE 母なる夜(ハヤカワ文庫SF)
AUTHOR カート・ヴォネガット・ジュニア
DATE 2014年9月20日(土)13:30-16:30
PLACE 代々木区民会館(渋谷区)
FEE 500円
NOTE 今回は飛田茂雄訳のバージョンを読みました。
終了後は代々木Bistriaにて二次会、IBIZAバルにて三次会を開催しました。(自由参加)

about the book

第2次大戦中、ヒトラーの宣伝部員として対米ラジオ放送のキャンペーンを行なった新進劇作家、ハワード・W・キャンベル・ジュニアは、本当に母国アメリカの裏切り者だったのか。戦後15年を経て、ニューヨークはグリニッチヴィレッジで隠遁生活を送るキャンベルの脳裡に去来するものは、真面目一方の会社人間の父、アルコール依存症の母、そして何よりも、美しい女優だった妻ヘルガへの想いだった…鬼才ヴォネガットが、たくまざるユーモアとシニカルなアイロニーに満ちたまなざしで、自伝の名を借りて描く、時代の趨勢に弄ばれた一人の知識人の内なる肖像。

about the author

カート・ヴォネガット(Kurt Vonnegut、1922 - 2007)
アメリカの小説家、エッセイスト、劇作家。1976年の作品『スラップスティック』より以前の作品はカート・ヴォネガット・ジュニアの名で出版されていた。
人類に対する絶望と皮肉と愛情を、シニカルかつユーモラスな筆致で描き、現代アメリカ文学を代表する作家の一人とされる。代表作には『タイタンの妖女』『猫のゆりかご』(1963)、『スローターハウス5』(1969)、『チャンピオンたちの朝食』(1973) などがある。ヒューマニストとして知られており、American Humanist Association の名誉会長も務めたことがある。

【今回選ばれなかった候補作品】

読書会を終えて

編集中です。

Today's coffee & tea

【お菓子】
GIOTTO ジョトォの焼き菓子
【紅茶】
TEAPOND