coffee &
paperbacks

a little time for reading and chatting with a cup of coffee

Archives

NUMBER
8
TITLE 痴人の愛(新潮文庫)
AUTHOR 谷崎 潤一郎
DATE 2014年5月24日(土)15:00-18:00
PLACE ダージリン日暮里店
FEE 参加費は無料(オーダーしたお茶代のみ)
NOTE 終了後に根津のBistro chat noirさんにて二次会を開催しました。(自由参加)

あらすじ

真面目なサラリーマン河合譲治には、世の中を何も知らない年頃の娘を手元に引き取って、妻としての教育と作法を身につけさせ、いい時期におたがいが好きあっていたら夫婦になる、という夢があった。 彼は浅草のカフェでナオミという美少女に出会う。混血児のような美しい容貌であったが、その頃は無口で沈んだところのある、血色もよくない娘で実家も貧しかった。 彼は彼女を引き取り、大森に洋館を借りて二人暮らしを始める。「友達のやうに」暮らそう、と二人はママゴトのような生活を送る。寝室も別だった。 稽古事をすることを約束させ、ゆくゆくはどこへ出ても恥ずかしくないレディに仕立てたいという彼の期待は次第に裏切られていく。頭も行儀も悪く、浪費家で飽きっぽいナオミの欠点を正そうとすると、ナオミは泣いたりすねたりして、最後には彼のほうが謝ることになる。 ある日、彼が早く家に帰ってみると、玄関の前でナオミが若い男と立ち話をしているのにぶつかった。嫉妬にかられた彼は問いただすが否定される。しかし、ナオミが他にも何人もの男とねんごろなつきあいをしていることに怒った彼は男達との付き合いを禁じ、ナオミを外出させないようにした。いったんナオミはおとなしくなったものの、また男と密会していることが分かり、彼はナオミを追い出してしまう…。

about the book

1924年3月から『大阪朝日新聞』に連載、6月から10月までいったん中断したが、後半は『女性』誌に1925年7月まで掲載された。
カフェの女給をしている15歳の美少女ナオミを育て、いずれは自分の妻にしようと思った男が、次第に少女の魅力の虜となり、破滅するまでを描く。
耽美主義の代表作で、「ナオミズム」という言葉を生み出した。

about the author

谷崎 潤一郎(たにざき じゅんいちろう、1886年-1965年)

明治末期から第二次世界大戦後の昭和中期まで旺盛な執筆活動を続け、国内外で高い評価を得た。
初期は耽美主義の一派とされ、女性愛やマゾヒズムなどのスキャンダラスな文脈で語られることも少なくないが、その作風や題材、表現は生涯にわたって様々に変遷を続けた。漢語や雅語から俗語や方言までを使いこなす端麗な文章と、作品ごとにがらりと変わる巧みな語り口が特徴。
ミステリー・サスペンスの先駆的作品、活劇的な歴史小説、説話調の幻想譚、グロテスクなブラックユーモアなど、娯楽的なジャンルにおいても多く佳作をものしたが、『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』など、情痴や時代風俗などのテーマを扱う通俗性と、文体や形式における芸術性を高いレベルで融和させた純文学の秀作によって「文豪」「大谷崎」と称された。近代日本文学を代表する作家。

from the facilitator

京浜東北/根岸線の沿線が舞台になっている物語で、土地のことを想像しながら改めて読んでみたいと思っています。

【今回選ばれなかった候補作品】

読書会を終えて

編集中です。

Today's tea and beer

今回は、谷中にある「ダージリン日暮里店」さんで開催させていただきました。
茶葉の種類が充実したこだわりの紅茶を、個性あふれるさまざまな茶器でいただきました。
ナオミの部屋を彷彿とさせるような布使いが今回の読書会にぴったりでした。
ダージリン日暮里店