coffee &
paperbacks

a little time for reading and chatting with a cup of coffee

coffee & paperbacks は、同じ小説を読んできてあれこれおしゃべりをする、誰でも参加歓迎ののんびりとした読書会です。

Next Book

TITLE
めぐらし屋(新潮文庫)
AUTHOR
堀江敏幸
DATE
2017年6月4日(日)14:00-17:30
PLACE
池袋
FEE
1000円程度を予定
NOTE
次々回は8月です。
終了後に二次会を予定しています。(自由参加)

参加する

about the book

長く疎遠だった父、その遺品の整理中に見つけた大学ノートには、表紙に大きく「めぐらし屋」と書かれていた。困惑する娘の蕗子さんに、折も折、当のめぐらし屋を依頼する見知らぬ客からの電話が舞い込む。そして、父の独居暮らしに淡い輪郭が与えられるたび、蕗子さんの遠い記憶は小さくさざめくのだった。地方都市を舞台に、温かで端正な筆致で描く、飾りない人びとの日常光景。2007年作品。

about the author

堀江敏幸(1964年 - )
岐阜県多治見市生まれ。早稲田大学第一文学部フランス文学専修卒業。東大大学院フランス文学専攻博士課程単位取得退学。その間にパリ第3大学博士課程留学。 1994年より、フランス留学経験を随筆風に綴った『郊外へ』を白水社の雑誌『ふらんす』に連載。1995年に単行本化されデビュー。 2001年、『熊の敷石』で芥川賞受賞。『おぱらばん』『いつか王子駅で』『なずな』『その姿の消し方』など作品多数。フランス文学の翻訳も手がける。

from the facilitator

マルケス、クッツェーと海外文学が続いたので、今回は日本の文学、それも現役作家のものを読みたくなりました。

【今回選ばれなかった候補作品】

本の紹介コーナー

読書会終了後の二次会では、料理とお酒をたのしみながらアフタートークの予定です。毎回盛り上がるこちらも奮ってご参加ください!
その中で「本の紹介コーナー」を設けたいと思っています。
二次会にご参加される方は、最近読んだ本やおすすめの本を一冊お持ちください。これも存分に語ってください。