coffee &
paperbacks

a little time for reading and chatting with a cup of coffee

coffee & paperbacks は、同じ小説を読んできてあれこれおしゃべりをする、誰でも参加歓迎ののんびりとした読書会です。

Next Book

TITLE
遠い山なみの光(ハヤカワepi文庫)
AUTHOR
カズオ・イシグロ
DATE
2017年12月3日(日)14:00-17:30
PLACE
池袋の予定
FEE
1000円程度を予定
NOTE
終了後に二次会を予定しています。(自由参加)
次々回は2月です。

参加する

about the book

故国を去り英国に住む悦子は、娘の自殺に直面し、喪失感の中で自らの来し方に想いを馳せる。戦後まもない長崎で、悦子はある母娘に出会った。あてにならぬ男に未来を託そうとする母親と、不気味な幻影に怯える娘は、悦子の不安をかきたてた。だが、あの頃は誰もが傷つき、何とか立ち上がろうと懸命だったのだ。淡く微かな光を求めて生きる人々の姿を端正に描くデビュー作。王立文学協会賞受賞作。

about the author

カズオ・イシグロ(1954-)
1954年11月8日長崎生まれ。1960年、5歳のとき、家族と共に渡英。以降、日本とイギリスの2つの文化を背景にして育つ。ケント大学で英文学を、イースト・アングリア大学大学院で創作を学ぶ。本書『遠い山なみの光』で長篇デビューし、1982年の王立文学協会賞を受賞した。長篇第二作『浮世の画家』でウィットブレッド賞を、1989年には『日の名残り』でブッカー賞を受賞した。1995年の第四作『充たされざる者』につづき、五年ぶりに発表した『わたしたちが孤児だったころ』は、英米でひじょうに高く評価され、発売以来たちまちベストセラーとなった

from the facilitator

ノーベル賞が決まった「イシグロ」をこの機会にみなさんと読んでみたいと思います。

「今年一番おもしろかった本」をお持ちください

休憩時間に、「本の紹介コーナー」を設けたいと思います。
今年読んだ本のうちで一番おもしろかった本をお持ちください。